2008年08月17日

写真展

昨日、ワークショップで私の写真展について、少し時間をいただいて、品評会(?)をしてもらう。
なかなか、厳しいですねー。
分からない、という意見の方が多くて。たしかにいろんなモノが映っていて、コンセプトもテーマも無い。
葉書の写真もピンと来ない方が多数。

写真展を見に来た人で、葉書を持っていく人が結構いたので、意外と良い葉書なのかと思っていたが、どうしてなかなか、皆様の目はきびしいようで。

でも、その一方で、こことここの写真を抜いてあげれば、全然問題ない、という意見もいただけたし、楽しんで自由に撮ってる感じが出てて、撮ってる人の感情の起伏とかを感じれて、全然ばらばらな感じはしない、良い、と言う意見もいただいた。
同情やフォローでは無いと信じて、励みにしようと思います。
いや、単純に、いいと言ってくれる人がいると、やはりすごくうれしい。そのために撮っているような所もある訳で。ま、それにしちゃ甘いですが。

瀬戸さんが良いと言っていただけた写真が一枚。
前々から”コレはクールな写真だよ。”
と言っていて、どういう意味かと思っていたら、どうやら、その写真には感情がこもっていない。ということらしい。
難しいですねー。
分かるようで分からない。
実はその写真に、一番時間がかかってたりするから、撮ってる本人的には戸惑いますよね。たしかに思い入れは全くないんだけど、狙って、時間をかけてる。
それでも、感情を感じないクールな写真になっている。
私もあの写真は凄く好きで、なんでなのかは分からなかったけれど、瀬戸さんの言葉で、これからの進むべき道が見えた気がする。
クールな写真を目指そう。

それと、人ですね。こっちはたっぷり感情を込めて。撮られたひとに喜んでもらえるような写真を撮りたいですね。
posted by Ryo Yamashita at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2008年08月15日

森山大道

写真を好きな人の中で,一度も森山大道という名前を聞いた事がない人っているのだろうか?最近のHOLGAやLOMOブームにのって写真を始めた人はもしかして全然世界が違うかもしれませんが,まあ,写真好き,ひょっとしたらファッションが好きな人の中にも森山大道が好きな人が多いのではないか.
アラーキーこと荒木経惟と森山大道は知名度的には(もちろん写真も)日本ではTopですかねー.お二人とも世界が認める写真家ですよね.
で,私が今開催している写真展のギャラリーPLACE Mは,森山さんとも縁があるのです.
PLACE Mとは,瀬戸正人というこれまた日本を代表する写真家が主催している訳ですが,この瀬戸さんは森山さんが講師をしていた専門学校での森山さんの初めての教え子なのだそうで.

本日,私が一人でギャラリーでお留守番をしていると,電話が1本.
「えーっと,ラットホールギャラリーのxxxと申しますが,瀬戸さんいらっしゃいますか?」
「すいません.今日はまだ来ていなくて」

2本目"Do you speak English? I want to buy Mr.Ozaki's photo book."
"OK. Please call us again on Saturday. Thank you."(土曜日に誰か来るだろうから,その人にバトンタッチ)

3本目.「あ,もしもし,森山と申しますが,だれか瀬戸君のこと分かる人いますか?」
「えーっと,すいません.私展示をしているだけで,ちょっと瀬戸さんの事は分からないんですよ.」

4本目.「もしもし瀬戸ですけど,森山さんがプリント取りにくるから,棚にあるプリント,渡しといて.」
「はい,分かりました.」

お留守番大変です.
ほどなくして,森山さんが編集者とおぼしき人といらっしゃる.
本当に,森山大道さんです.
プリントを渡すと,ちょこちょこと編集者とおぼしき人と仕事の話らしき会話を交わして,「じゃ,僕ちょっと,写真見て帰るから.」
とおっしゃって,私の写真を見だしました.
「これ,桜島?」
「はい,そうです.」
「この白いの,雪?」
「はい.なかなか珍しいんですけど.」
「そうだよね.」
と,一通り見て,控え室でタバコを吸い出す.
「森山さん,コーヒー飲みますか?」
「いや,僕,タバコ1本すったら帰るから.」
.....

「君,ここで写真見てもらってんの?」
「はい,そうです.」
「人来てる?」
「そうですね.20人から30人くらいですかね.」
「いっぱい来てるねー.瀬戸君も頑張るねー.」
「瀬戸君以外にも,いろんな人,来てくれてるの?」
「そうですね.AERAの編集の方とか.」
「あー,来てるんだ.」
「瀬戸君はね,僕が専門学校で教えてた時の,初めての教え子なんだよ.じゃ,これで失礼するよ.」

と言って,帰っていかれた.

んー,,,,何も聞けず,何も言えず.
ちょっと二人っきりで話すには,私,若造すぎましたねー.

芳名帳に「森山大道」と書かれています.
大事にしよう.

本日も,たくさんの友人が来て頂いた.
本当にありがとうございます.


そして,本日,姉と姉の旦那といとこ家族で夕飯を食べる.
なんか,家族っていいですね.
いとこの娘さんがめっちゃかわいかった.

ほんと,人生少しはまじめに考えないと,幸せを逃しますな.
posted by Ryo Yamashita at 00:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 写真

2008年08月13日

モノクロはプリント命

かどうかは分かりませんが,モノクロをやっていると,やっぱりプリントにこだわりたくなる.
自分の好きなコントラストとかトーンとキーとかあるわけで.
はたして他人に伝わるか分からないけど,こだわってる訳です.こんな私でも多少は.
昨日今日と一人ずつ,プリントがすごくいいですね,上手ですね,と言ってくれた人がいた.写真の本質ではないと思いつつも,やはりうれしい.ていうか共感する.あ,あなたもこんな感じ好きですか?みたいな.

そして今日,キザな写真だと言われた.この人良く分かってますね.たしかに私自身が格好つけだし,きっと写真にも現れているんでしょう.自分でも納得しちゃった.確かに気取ってる.
それにしても人によって感想が全然違うし,ときどき「おい,お前ちゃんと見ろよ」って突っ込みたくなるくらいさーっ,と見て帰る人とかいる.多分自分の趣味と全然違ったんでしょうね.
確かに自分も,あ,違う,と思ったら,さーーっと見てすぐ出る.
でも,自分でやって分かったけど,記帳はしなきゃだめですね.これからはちゃんと記帳しようと思った.
posted by Ryo Yamashita at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2008年08月11日

写真展搬入


じゃねーだろ.

さて,昨日,写真展の搬入をした.
どうでもいいけど,結構昨日の事を書いてる事多いなー.

営業は一生懸命したんだけど,肝心の写真展の準備の詰めが甘く,搬入当日に瀬戸さんに写真を選んでもらうというていたらく.
ま,おかげで,自分で想像していたのとはまた違った感じになった訳ですが,よっぽど分かりやすくまとまった気がする.

ワークショップの後はすぐ帰っちゃうし,ワークショップ中も誰と話す訳でもなく,搬入の手伝いだって2回くらいしかやった事がなく,「こいつ誰なんだ?」みたいな感じだったと思うんですけど,そんな私の写真展を,ちゃんと手伝ってくれる方がいて,ほんと,人の温かさに触れました.
今後はちゃんと手伝おう.
人と人のつながりって大事ですねー.そういえば金八つぁんも「人と言う字は,人と人とが支え合って出来てるんです」なんて言ってたなー.
大事にして行かねば.と,改めて思った.
posted by Ryo Yamashita at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2008年08月08日

暗室引き伸ばし

本日,個展までの最後の暗室作業(になるといいんだけど).
どこにもっていこうか,それは結構すぐ決まる.やっぱり自分の好きなとこって決まっていて,やればやるほど,それは確信に近くなる.昨日のできを見て,違う,と思った訳.ここではない.
それで今日,やり直し.2カット.
単純だけど,硬めの濃いめ(ラーメンみたい)がしっくりくる.
私の場合,リアルさはあまり求めていない(そもそもモノクロだし).ただ,心地いいところ.全体のコントラストと,主題の濃度とコントラスト.ぐっと,くるところ.それを探します.

さて,昨日,今までのプリントを見返し,思った.
もう一度,同じ事をやろう.
まだまだ,撮りきれてない.
そして,今度こそ,ニコンサロンを通そう.ストレートなストリートスナップで.
そして,デジタルで撮ろう.
posted by Ryo Yamashita at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2008年08月07日

Q.サカマキ

少しだけ,mixiで日記を付けていた事があります.なぜ日記を書く事にしたのか,その目的らしきものも書いてあったが,とくに日記を書く理由なんてないわけで.しかも,こんな人目にさらして.物好きな人は結構いるものですね.かく言う私もそうですが.
ま,一つだけ理由があるとすれば,言葉を吐き出す訓練の場,てとこでしょうか.私にとっては.
が,しかーし.HPにつけているカウンターが1日に20くらい増えて行くと,さすがに日記を公開するのって,恥ずかしくなりますねー.まじで.すでにやめようかと考えていたりする.

それはさておき,
報道写真とか,戦場写真とか,そういう写真,ありますね?
Q.サカマキという人が,すごくいいんです.

http://www.qsakamaki.com/

雑誌とかでもたまに見かけますが,まじでページをめくる手がとまります.ハッとして.

posted by Ryo Yamashita at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2008年08月01日

鉄道写真

常々,人を魅了する写真を撮りたいと思っている.
狙おうと狙うまいと,そういう写真が撮れればいいと思っている.
この写真家さんの写真に,私はとっても魅了される.鉄道写真らしいんだけど.

http://railman.cocolog-nifty.com/blog/

必ずどこかに鉄道関連のものが写っているという.鉄道写真とスナップが合わさったような写真.
また,寄せてる言葉があたたかい.
個人的には,この写真家さんの写真,明日も頑張ろう,と思える写真だと思うんですが.
心が寂しくなっちゃった方,元気がなくなっちゃった方,時には写真を見て心の疲れを癒すのはいかがでしょう?
posted by Ryo Yamashita at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真

2008年07月13日

ターナー賞の歩み

本日,たまたま更新年月が重なったため,同居人と朝から免許の更新へ行く.意外とスムーズに事が運び,2時間ほどで終了しました.その後,同居人に「ターナー賞っていつまでだっけ?」と聞かれたので,調べてみるとなんと今日が最終日.行ってみることに.
純粋に(?)アートな人もいれば,社会的なメッセージを持っている人もいれば,よくわかんない人もいた.アートって何でしょうね.エンターテイメントではない事は確かだな.きっと.
posted by Ryo Yamashita at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

写真展に向けての営業

意外とブログを書いている自分に驚く.暇なんかなー.暇なんだろーなー.やることやらないと.
てことで,日比谷にてイースタンプロミスを見る.映画,って感じのする映画でした.エンタメでした.すばらしい.
その後,写真展のはがきを置いてもらおうと青山ブックセンターへいく.が,休日はとっても忙しそうで結局お願いできず.パルコも含め,月曜に改めよう.
ちなみに,ナン・ゴールディンの写真集を見た.前回見た時はピンと来なかったんだけど,なぜか今回はすごく良かった.良すぎた.なんか,結局写真なんて撮れるものしか撮れないんだなー,と.興味のあるものしか撮れないんだ.
2月にニコンサロンに応募して以来,いったい何を撮ろうか迷いながら,高橋ちかを撮らせてもらい,そこからマッチさんの紹介でいくつかライブを撮らせてもらい,Bon Voyageさんのアー写を撮らせてもらい,が,しかし,はたしてそれが写真になりうるのか,すっきりしないままここまで来ていた.
が,なんかナン・ゴールディンの写真を見ていたら,迷いが晴れた.ていうか,もっともっと高橋ちかを撮らなければならない気がしてきた(迷惑な話だろーなー).
ま,高橋ちかはそれとして10年くらい撮らなきゃだめだろうけど,やっぱり人を,とにかく人を,撮ればいいんだ.自分の好きなものを.
ネーブル君撮ろっかなー.
posted by Ryo Yamashita at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2008年07月09日

那須烏山

昨日,わがままを言って那須烏山へ,ライブに同行させてもらう.
結構,東京の外,という事で,いい写真が撮れるのでは?と,淡い期待をしていたが,なかなかどうしてそううまくは行かない.
まあ,そういう時もあるかな.
ていうか,ちょっと遊びすぎたというか,甘えすぎたというか,楽しかったんだけど,楽しみすぎたかなー.
まあ,そういう時もあるかな.
本日はとりあえず那須烏山へ同行しました,ということで.
posted by Ryo Yamashita at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2008年07月01日

宮原夢画

先日(6月28日),emonギャラリーに宮原夢画の写真展を見に行く.
いい.
TOKONOMAは,へーって感じ.いいのはあったけど.
もう一つの,”Nulla nasce dal nulla”という方は,なんか彼らしく,世界が出来上がっていた.メッセージも分かりやすくて良かった.
”Throw away your mask. When you do, Your individuality begins to shine.”
まさにそんな写真だったしね.
やっぱ,ストレートな方がいいね.
プリントも長期保存が出来る,調色されたもので,味わい深かった.
posted by Ryo Yamashita at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真