2014年04月03日

karnel_taskの暴走?

えー、Mac mini Late2012をFusion Drive化した訳ですが。

最近お気に入りのMusic Unlimitedで音楽を楽しみながら作業していると、突然カクカクして遅くなる。
で、Music Unlimitedを閉じてしばらくすると元に戻る。
Chromeが悪いのかなー、と思い、Safariで開くも同じ結果に。

まさかSSDが原因か!これがプチフリってやつか!
と思いながら、この辺↓の記事を参考にしながら
http://d.hatena.ne.jp/yousuke_saki/20110730/1311971892
http://allabout.co.jp/gm/gc/427316/5/

PRAMリセットしたり、kextcacheを再構築したり、SMCリセットしたりするも結果は変わらず。

がっかりしながらアクティビティモニタで監視しながら同じ事をやってみると、どうやらkarnel_taskってやつが急に走り出してCPU負荷が500%とかに!
でカクカクする。

んーーーーー、SSDのせいなのか。
ググってみてもkarnel_taskの暴走は一概に解決は出来ない模様。
マジでSSDが原因かも、と思い、Apple Hardware Testなる物を試してみました。
すると、
4MOT/1/40000002:Exhaust-0
というエラーがでました。。。。

やっぱハードのエラーかー。
と肩を落としつつ。Exhaustってことは排気か?ファンか?温度か?
と思い、今度はTemperature Monitorなるアプリで温度を測ってみることに。
すると、CPUまわりの温度が80度を超えた当たりでkarnel_taskが暴走しだす模様。
SSD入れたから温度が上がりすぎるのかな?そんなに発熱するとは思えないぞ?

とりあえず、ファンをぶん回してみよう!てことで、Macs Fan Controlというアプリでファンをコントロールする事に。
CPUの温度が80度こえたらファンをMAXにするようにしてみたところ、何か変。
”現在の回転数”ってところが”0”のまま。。。

ん?ファンが回ってないのかしら?
Mac miniの底のふたを開けてみます。
ファンが回ってません。

まじか。SSD増設したときに断線したか。ショートしたか。
一旦OS終了して電源を落とし、再度ファンのコネクタをチェックしてみる事に。
ぱっと見ささってんだけどなー、と思いながらコネクタを押してみると、カチってなんかはまった感触が。
あれ。いまカチって言った?

電源入れてみると、元気にファンが回りだしました。
コネクタのはめ方が甘かっただけという。

温度を測るとCUPまわりで50度くらい。
色々負荷をかけても温度は上がりません。karnel_taskも出てきません。

なんてこった。こんなんでまる二日くらい悩んじゃったよ。

皆さんもコネクタはしっかりとめましょうね。
ささったように見えてささってないかも。

ま、おかげさまですこぶる快調に動いてます。うちのMac。
posted by Ryo Yamashita at 16:02| Comment(0) | Macなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: