2014年04月02日

Mac mini Late 2012をSSD化しちゃった

2年前、Macのノートはたけーなー、と悩んだあげく、液晶が良さげなVAIO SEを買った訳ですが、期待したほど良くなかった(笑)。
ピンクや紫といった微妙な色が全くでない。写真を扱うには無理がある。
ま、所詮ノートの液晶と行った感じ。IPSだから角度によって色が変わる事はないんですが。
さらにバッテリーの持ちも悪い。もって2時間。使えない。
windowsでしか出来ない事もあるから、まあ、いいんだけど、愛着は次第に薄れていった訳です。
Sony撤退しちゃうし。。。
で、もともと3年めどでSSD化しようと思ってたんですが、SSDの値段が思ったより下がって来たのでSSDに換装してみたわけです。
Transcend TS256GSSD340←これ↓
http://jp.transcend-info.com/Products/CatList.asp?LangNo=17&ModNo=502

まー、細かいスペックはどうでもよくて、とにかく安くて安定して使えて速くなればと思い。
結果、スーパー速くなりました。ついでにクリーンインストールしたのでリカバリー領域も削除できたし、とても快適。

おかげでMac miniが2世代くらいまえの遅さに感じられて、なんだかなー。とイライラしていた訳です。
で、仕事が一段落したのを理由にもういっちょSSDを買いまして。

Seagate ST240HM000←これ↓
http://www.seagate.com/jp/ja/internal-hard-drives/laptop-hard-drives/laptop-600-ssd/?sku=ST240HM000

どれがいいのか相当悩みましたが、ま、最後は直感で(笑)。
で気合いを入れてMac mini Late2012にSSD増設したわけです。

いろんなところで情報ありますが、OWCの増設キットを使いました。

昔はwindowsを自作してましたが、さすがに製品版を解体した事はないのでドキドキでしたが、まー、なんとか無事増設完了。
アメリカ人が作ったとは思えないほど丁寧で緻密で無駄のないレイアウトでしたよ。メンテナンスもしやすい。
アルミのケースはどうやって作ったのか。一度型で抜いて全部削ったのかな?
美しさもプラスする当たりは日本の企業にはない感覚ですかねー。

私のMac miniはもとのHDDが下段(ふたを開けてすぐ)についてたので、ほぼ全分解して、奥にSSDを増設しました。
で、もともとのHDDにOS入ってるからどうなんのかな?と思いながらTime Machineしてた外付けHDDをつないでOptionキーを押しながら電源入れると、起動するディスクを選べました。
で、外付けHDDを選ぶと、ディスクユーテリティでSSDをフォーマットできるようになります。
フォーマットしようとすると、なんと、OSちゃんから

"あなたのディスクはFusionDriveにできます。やりますか?”

的なことをきかれるじゃないですか!
OSを10.9のMavericksにしてたからなのかな?

えー、まさかの提案。
予想してなかったので慌てて色々調べてみたら、Fusion Driveの評判は悪くない模様。
データの保存先とか色々気にしなくていいし、ドライブ増えるのも分かりづらいし、ここは一つ、OSちゃんの提案に乗っかってみる事に。

でFusion Driveでフォーマットお願いします、ってクリックしたら、いともかんたんにFusion Driveになりました!

その後Time Machineでシステムを復元。
2時間弱で元通りになりました。外付けがUSB2.0で100Gくらいのデータだったので、USB3.0の外付けならもっと速かったのかな?

起動が40秒くらいになりました。5倍くらい速くなった感じ。
Trim enablerでTrimを有効にするのを忘れずに。
posted by Ryo Yamashita at 18:19| Comment(0) | Macなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: